ちょっと会社辞めてみました。

ADDかもしれないやつの生活、つぶやき

「お金」の教養

 

 

働く君に伝えたい「お金」の教養

働く君に伝えたい「お金」の教養

 

 こんにちは、めぎーです。

前回に引き続きこちらのお金に関する本を読破しました。

 

読んでみた感想は

なんでもっと早く読まなかったんだ私!

めちゃくちゃわかりやすいし、

お金に関する歴史

親への金銭援助の心構え

今後の私たちの働き方

等興味のある事柄について

数字も使ってめちゃ丁寧かつ論理的に

書いてくれてる。

正直前回読んだお金に関する本よりも良い。

 

学生のとき授業してほしかったくらい。

(恐らく当時聞いても当事者意識はできなく、ちゃんと聴かなかったと思うけど(笑))

 

 

 ちなみに内容は

お金について

知る編→使う編→貯める編→殖やす編→稼ぐ編

 の5つの構成で成り立ってます。

 

色々と書いてあったんだけど

読んでみてこの本が伝えたいと感じたことは

メディアに煽られて不安にならないように自分で考える癖つけろよ☆

てことと

自分に投資していくつになっても働けるようにしろよ☆

てこと。

 

そんでもって個人的にこの作者の考え方とか結構好きです。お金はこう使え!なんて型はなく、自分がいいと思ったらそれが正解だというところとか。

 

色々教えてくれた上で、

最後に

この本を鵜呑みにせず、自分で考えるように。

と釘を指すところも好きでした(笑)

本に書いてあること全てが正しいとは限らないという責任回避もできるし(笑)

 

結局は自分次第。

良い情報も悪い情報も自分で取捨選択できるようにリテラシーを育みたいですね、

 

 

以下、この本のまとめを備忘録。

 

 

~知る編~

  • 私たちのお金についての不安はメディアから
  • 不安になれば真面目な人ほどなんとかしようとする。そんな人の行動の先には必ず儲かる人がいる。
  • [これで儲かるのは誰だろう]と考えるクセをつける
  • 騙されないようにするために、

1政府やきちんとした民間の集計、分析データをさがす

2そのデータをもとに偏見をもたずロジックを組み立てる

  •  国の危機=国債の危機=金融の危機

よって年金を払わず自分で貯蓄するのは違う

  •  お金=労働の価値
  •  年金は日本が経済成長するかにかかっており、年金だけに頼るべからず。
  •  お金に苦労する人はデータを見ず自分で考えない人

お金に振り回される人は考えても仕方ないことを考える人

お金で損をする人は与えられた情報を鵜呑みにする人

  • 人、本、旅が人生を豊かにしてくれる3本柱
  • お金は財布(日常で使うお金),投資(なくなってもいいお金),すぐ引き出せる預金(流動性の高いお金)の財産三分法で管理

 

使う編

  • 貯めるより殖やすより[使う]ことが大事。お金は使うことで初めて価値が生まれる。
  •  お金を使うときのルールは[楽しい]かどうか
  •  同じお金で同じ経験をするなら若いうちの方がいい経験になる
  •  お金の使い方と向き合わない人は他の大事なことにも正面から向き合わない傾向がある
  •  マイホームを買うデメリット

1自分の流動性が下がる

2家族形態の変化に合わせられない

3成長性のなさ、売るときに価値は上がっていかわからない

4空き家の多さと買い手の不在

 よって資産を持っておくと考えて不動産を持つのは危険

  •  マイホーム神話や専業主婦文化など高度経済成長期の常識は通用しない
  •  置かれた場所で咲けないとわかったら場所を変えればよい

 

貯める編

  • 心配なこどもの教育費用

1出産費用

50万円程度 現在出産育児一時金43万+働いていれば給与の3分の2が支給される出産手当金支給

2保育料

世帯年収に応じて変わるので全部持ってかれることはない

3学費

貯蓄より毎月の給与を増やす方が大切

幼稚園から高校まで全て私立1700万円

幼稚園から高校まで全て公立500万円

お金がかかるからと出産を先伸ばししても不妊治療費がかかるかも

毎月ちゃんと働いて稼ぎさえすればそのお金でじゅうぶんまかなえる

  •  自分達が蓄えるべきお金は万一の時のセーフティネット=手取り一年分
  •  老後はいくら必要かなんてわからない

大切なのは収入を途絶えさせないこと

  •  前提 貯めるより入ってくることが大事

貯蓄はあくまで万が一に備えるセーフティネット

  • 期限と貯める額を決めたら使わない、これだけ
  • 20代リスクは働けなくなること

就業不能保険でそなえる

  • 親の介護費用を貯めるよりどうしたら元気でいてもらえるかを考える

 

 稼ぐ編

  • 日本は今後800万人規模の労働力不足に陥る
  • 働き口に関していまの若者はほかの世代より安泰
  • 日本は実力主義になる
  • いまの日本では給与が上がらず平均所得も下がっている。社会が実力主義になれば正社員のうまみも減っていく
  • 選挙に行って意思表示をする